臥薪嘗弾!!高崎 スポーツ報知山梨版

画像

 昨日の横浜FC戦はヴァンフォーレ甲府の快勝だった。
 前節の山形戦の鬱憤を晴らしたように横浜FC相手にシュートの嵐。まるで攻撃練習をしているかのようだった。
 特に嬉しいのは、これまでゴールに恵まれなかった高崎が決めたこと。これで弾みがついてゴールを量産して欲しい。ダヴィの6点目も嬉しいが、やはり次に嬉しいのは今期初完封。荻のナイスセーブもあってこれを成し遂げた。
 欲を言えば、もっと得点できて良い試合。4得点、もしくは5得点あたりまでいけたと思うが、あまりにも決定力が
なく2得点で終わってしまったこと。
 横浜FCは岸野監督の電撃解任後、山口監督の初采配だったが準備期間もままならず、なすすべなく敗退。プレイにもあまり積極性が見られず、ボールへの寄せも甘く、甲府のやりたい放題だった。

















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック