のんきな生活応援隊

アクセスカウンタ

zoom RSS J1第33節 FC東京 1-1 モンテディオ山形 味の素スタジアム

<<   作成日時 : 2010/11/27 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 またまた味の素スタジアムにやってきました。永遠のライバル山形も気になりますが、FC東京の残留も願っているという難しい立場。
 山形はすでに残留を決めているので、今日は東京の応援です。

画像

 FC東京のゲームで味スタに来たら、まずはさておきこれを買わないと。
 はい、新宿さぼてん謹製FC東京勝サンドです。今回のカードは椋原健太君。カッコイイですね。

画像

 ああ、懐かしいよ山者。山者、暫く見ないうちにすごく逞しくなったね。ひとつひとつのチャントがいちいち懐かしい。その中でも自分的にはこれが一番山形的だと思う。
 
 これが始まると、自然と「カモンディオ〜 カモンディオ〜 カモン カモン やまがた〜♪」とくちずさんでしまうから不思議。一度訪れた山形の冬景色が思い出されて、山形のイメージにもピッタリだと思う。でも、今日はこんなこと言ってる場合じゃない。 

画像

 対するFC東京側、試合開始10分間はコーヒールンバで「オレオレ東京 立ち上がれ飛び跳ねろ 今日は負けられない日だ 跳べ叫べ 俺の東京♪」しかし、負けられないじゃなくて、今日は絶対に勝たないと!
 だって、昼のゲームで神戸が清水に勝ってるんだから・・・。(しかし、開き直った神戸は本当に強い。さすが残留争いを何度も繰り広げているだけある。選手だけでなく、クラブにもこういう耐性はつくんだろうか?)

 FC東京のチャントで好きなものはこれですね。 

 これを聞くとグッとくる。
 (でも、"田舎でも"とかいらんこと言ってるなあ)
 でもってオリジナルは

 これなんですか?違ったらゴメンなさい。
 すごくオシャレなハイセンスな選曲だと思いますが、だいぶアレンジが効いてますね。

 甲府で考えると何かなあ。
 パクリが多い中やっぱりいいのは「もみの木」かなあ。
 「ヴァンフォーレ〜 ヴァンフォーレ〜 らら〜ら ら〜ら〜ら〜ら」

画像

 山者のアウェイユニは黄色。長〜い山者との付き合いのなかで、黄色の山者はとんでもなく強い。そんなイメージが染みついています。その山者と来年はJ1で戦えるのはと〜っても感慨深い。こんな時が来るなんて信じられないよ。

画像

 東京押すも、山形のディフェンスは固い。固すぎる。本当にこれでメンバー落としてるのか?根気よく引っぱがさないとなかなか得点できない。前半は0-0で終了。石川の交代が痛い。加えて、東京の選手の動きがカタいし、イージーミスが目立つ。このような修羅場に慣れていないせいだからなのか?みんなピッチの上で残留のかかったゲームの恐ろしさを実感しているのだろうか?
 後半、東京は選手交代を繰り返すが、交代するたびに得点の匂いが消えかかっていくようなネガティブな気持ちになってしまう。これに対して山形が主力を投入してくるとだんだん危ない空気が漂ってくる。しかし、74分、平山が固い山形のゴールをやっとこじ開ける!ストレスがたまっていた味スタはこれで大爆発。
 しかし、気分が緩んできたなあと思っていた矢先の86分、左サイドからフリーで簡単にクロスを上げられ、どんぴしゃで田代へ。田代は難なくゴールにヘッドで突き刺す。勝利を意識した隙を突かれたなあ。自分のいたあたりもなんとなく、今日は本当に久々に味スタで勝てそう。最初と最後は勝つみたいだなどと囁かれていた矢先だった。山者はこういうのを見逃してくれないんだな。やっぱり。

画像

 試合終了後、予定にはなかった社長の挨拶が入った。こんな状況になったことを平謝り。それに対して東京サポーターからは容赦ないブーイングが浴びせられる。人のことにしゃしゃり出ては何かも知れないけど、今はブーイングするより、拍手と声援の方が効果が高いように思う。組織がバラバラになったら自己崩壊してしまう。

画像

 次に大熊監督から挨拶が。これには拍手でした。

画像


画像


画像

 最後に挨拶回りする選手・スタッフたち。小瀬での甲府のものよりなんかあっさりしてるなあと感じた。これがおしゃれでさっぱりした大都会東京スタイルってことだろうか?でも、なかなか勝てなくても勝てなくても懲りずに来てくれたサポーターにもっと近づいてもっとスタンド寄りを歩いてあげた方がいいんじゃないかなと思った。
 これで最終戦勝つしかなくなった。神戸は浦和相手でも勝つ公算が大きい。このようなシュチュエーションでは挑戦者の方が有利だ。残留できれば儲け物と考えることができる神戸に失うものはない。最終節同時間開催でさいスタの様子を眺めながら采配なんてことやってると絶対に危ない。京都にひたすら勝つのみ。J2で立て直しをなんて考えてる人いますか?J2は甘くないです。J2に1年だけしか居なかったので忘れちゃいましたか?絶対に落ちてはいけません。絶対に。
 そして来年、必ず待ちに待っていた青赤ダービーを実現して欲しいです。

















モンテディオ山形オフィシャルCD

モンテディオ山形オフィシャルCD

価格:1,050円(税込、送料別)









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
J1第33節 FC東京 1-1 モンテディオ山形 味の素スタジアム のんきな生活応援隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる