J2第10節 横浜FC 3-4 ヴァンフォーレ甲府 ニッパツ三ツ沢球技場

 守備の連携ミスでの失点からの立て続けの3失点。甲府のメンタリティの弱さ、危機管理能力の低さを見せつけられた前半だった。
 そして、あくまでも貪欲に得点を取りに行くガツガツしたメンタリティの強さを見せつけられた後半だった。
 このゲームの中には二つの甲府が併存していた。前半の立て続けの3失点の反省がなければ昇格はない。この逆転勝利に浮かれてしまっては、甲府はここから落ちていくかも知れない。
 失点した後に、スカパー!のマイクに拾われた内田監督の「オミ、落ち着かせろ!落ち着かせろ!」と叫んだ声が頭にこびりついている。

画像

 片桐のCKから内山のヘッドでのボールが横浜FCのゴールに吸い込まれる。横浜FCの選手・監督、サポーターにとっては悪夢だっただろう。

画像

 ヒーローとなった内山。最後まで勝ちきろうとした意識は素晴らしい。

 それにしても、すっきりしないPK判定でミソをつけられた試合になってしまった。リーグ戦ではこのようなことも起こることは分かるが、今度はこちらにその災いが降りかかってくるかも知れない。Jリーグの審判の判定の精度を上げる必要性を十二分に感じた試合でもあった。
 横浜FCの2点目となる大黒のゴールは技ありだった。その大黒に対して厳しくいっていないのは明らかに甲府の落ち度。途中から登場したマイクは上手にプレイしていた。マイクは若く、甲府のCFとしてまだまだ大きく化ける片鱗を覗かせるプレイが多かった。
 それにしても、いろいろと考えさせる試合だった。

















日活Fantasista/ヴァンフォーレ甲府DVD ヴァンフォーレ甲府 シーズンレビュー 2006-2007
サッカーショップ加茂楽天市場店
DVD ヴァンフォーレ甲府 シーズンレビュー 2006-2007 解説ヴァンフォーレ甲府の2007シ

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




アンブロ/ヴァンフォーレ甲府ジュニア ヴァンフォーレ甲府 ホーム ユニフォーム/レプリカシャツ
サッカーショップ加茂楽天市場店
ジュニア ヴァンフォーレ甲府 ホーム ユニフォーム 解説Jリーグ2010シーズンモデル。ヴァンフォー

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック